第66回 デリケートゾーンの平均的な色とは?

Pocket

日本人のデリケートゾーンの色

日本人女性のデリケートゾーンの色も様々で黒い人もいれば、肌色に近い方もいます。それには個人差があり生まれながらのメラニン色素の量や、年齢、性別によって人それぞれ全く違うと言われています。

 

赤っぽい人もいれば、黒ずんでいる人もいて、本当に人によって違います。

一般的に、年齢が上がるにつれて黒ずんでいくと言われているのは、顔の肌の老化と同じ原理で、肌の代謝が悪くなり、ターンオーバーがうまく機能しなくなっていくことが原因と言われています。

 

ちなみに、日本人は特に黒ずみを気にする女性が多いですが、それはメラニン色素が多い上に、目立ちやすいということが挙げられます。

 

<黒ずみ対策として日々気を付ける事とは>

■下半身を締め付ける下着やボトムは避けよう

服や下着との摩擦により黒ずみが発生するのを予防しましょうする。デリケートゾーン周辺は皮膚が薄いため、黒く変色しやすいです。

■生理用品は小まめに取り替えよう

長時間取り替えないと、細菌が繁殖して、デリケートゾーンが炎症を起こし、黒ずみの原因となります。

 

■活性酵素を除去する食事を心掛けよう

加齢や生活環境により体内に活性酵素が増えると黒ずみの原因になりやすいです。ビタミン類(ビタミンC、E、B)を多く含む緑黄色野菜、果物を積極的に摂りましょう。赤ワイン、ココア、緑茶、海草類もgood!

 

■デリケートを乾燥させない

デリケートゾーンの色を健康的な自分の肌色に戻すには、とにかく毎日乾燥させない事。

乾燥させるとお肌も硬くなりターンオーバーのサイクルが衰え、メラニンも排出がスムーズに行えなくなりよってお肌全体が上手く機能しなくなり老化現象が起こります。