第15回 デリケートゾーンこそ血行促進を


【はじめに】

デリケートゾーンの黒ずみ、気になる方も多いと思います。

近頃では、デリケートゾーンの黒ずみケアの石鹸やボディソープなどなど様々な商品が出ています。

 

また、黒ずみケアに美白成分が入っているからいい、保湿成分が入っているからいい、色々な意見もあります。

 

ですが、案外忘れがちなことが、きちんと血行を促進させるということです。

 

血行促進とは、文字通り、血液の巡りのことです。

 

血液は体中に酸素を運んでくれます。酸素が体の隅々までいきわたりますとお肌も活き活きと若々しくいられます。

 

血行が悪いと、体や細胞の活動に必要な酸素が十分にいきわたりませんので、当然お肌も体も元気がなくなります。

 

黒ずみの原因は刺激に反応して、その刺激から肌を守るためにメラニンが生成させるというのが大きな原因でもありますが、それ以外にも血行が悪く、お肌自体がくすんでしまうことも原因の一つだったりします。

 

よく、目の下にクマが出来ることがあると思いますが、あれも、目の周りの血液の流れが悪化が原因だったりします(特に青クマ)。

 

 

【血の巡りが悪くなると代謝も悪くなる】

血行が滞ると、細胞から排出される老廃物を回収したり筋肉で熱を作りだしたりする“代謝力”も低下しますので、体内に不要な毒素が溜まりやすくなりますし、
体温が低下してしまうこともあります。

 

体温が低下すると体内酵素の機能もダウンして免疫力も落ちてしまいますから、
風邪をはじめ様々な病気にかかりやすくなってしまうのです。

 

代謝が悪いと結局お肌に老廃物がたまってしまい、綺麗なお肌に生まれ変わりにくくなるということです。

 

よく、血行不良や代謝ダウンは美容の大敵と言われます。

 

綺麗なお肌の生まれ変わるサイクルをターンオーバーと言いますが、これがきちんとしたサイクルで行われないと黒ずみくすみが出やすくなります。

 

 

ですから、血行促進と代謝促進をし、しっかりターンオーバーがなされるようにし、綺麗な新しいお肌が生まれやすいようにしてあげましょう。

 

 

特に、デリケートゾーン(鼠蹊部付近)は老廃物がたまりやすい場所でもあります。だからこそ、デリケートゾーンの黒ずみケアをしたいのであれば、血行促進は切っても切れない関係にあると言っても過言ではないのです。

 

 

【血行促進の方法】

血行促進をする方法としては、簡単に言うと

1、体を温める

2、運動をする

3、食生活(血行によい食べ物を食べる)

4、マッサージをする

5、ストレスをためず、規則正しい生活をする

があります。

 

特に、体を温めることは婦人病や生理痛などの緩和にも効果がありますし、冷えは万病のもとと言われるくらい体にはよくないことですから、美しく健康的でいるには血行促進させることは欠かせないことです。

 

また、現代社会はストレス社会ともいわれ、女性の社会進出が目覚ましい現代において、ストレスを貯めないことは難しい問題かもしれませんが、一日一度はリラックスをし、心身ともに疲れをほぐす時間を持つように心がけましょう。

 

 

デリケートゾーンのケアこそ、血行促進をし、黒ずみも綺麗に、健康的で穏やかな生活ができるように心がけて頂きたいです。