Q10.普段から簡単にできるケアはありますか?

Pocket

Answer.

デリケートゾーンのケアで一番大事な事は、清潔にすることと保湿をすることになります。この2点をしっかり念頭に置くことが大事です。
清潔にすることを良く洗うと誤解をする方がいらっしゃいますが、よく洗うというより、軽く小まめに洗うということの方が正しいです。
洗いすぎは乾燥を招いたり、善玉菌まで洗い流し、自浄作用が効かなくなり、かゆみ、におい、黒ずみといったトラブルがさらに悪化します。それ以上に、感染症にかかりやすくもなります。

保湿については、一番手っ取り早い方法と言えば、ワセリンを塗るのがおすすめです。ただし、ワセリンにもメリットとデメリットがあります。

メリットは
・ ラップのように肌を覆って水分を通さない(水分を逃がさない)
・ 雑菌を侵入させない
・ 安定していて劣化しにくい
・ 他の薬品と化学反応を起こしにくい
・ 傷口にも使える
という点がメリットですが

デメリットは
・ 使用感がベタベタする
・ 長期間使っていると肌が皮脂を出さなくなってしまう(ワセリンに慣れすぎてしまう)
・ 脂性肌やニキビなどの炎症がある場合は注意が必要
・ ラップ効果以外の保湿効果(角質自体の保水力向上など)はあまり期待できない
という点が挙げられます。

出来る事であれば、専用の保湿剤、クリーム、ジェルなどを使用するのが良いです。

簡単な方法と言えば、気になったときに、ふき取りシートなどで小まめに汚れをふき取り(強くこすりつけるような形で拭き取らない)、拭き取った後に、専用の保湿剤で保湿をする。という方法が一番簡単で、確実なケアだと思います。